覚者慈音622

覚者慈音622 未知日記 第一巻  自在論    伊東慈音 第三章       気源体性 第五節               インショウ、ミキョウ貴尊講述  幼児は未知の人の気光素を計りて後にあらざれば抱かるるものにあらず。是即ち自然の姿なり。猛獣及び狂人の恐ろしきは即ち気体性が光体性に変化し、品位高き人の威厳は光体性が気体性に変化せしなり。換言すれば組織線が破壊線に、破壊線が組織線に変化せし所…

覚者慈音621

覚者慈音621 未知日記 第一巻  自在論    伊東慈音 第三章       気源体性 第四節               インショウ、ミキョウ貴尊講述  外観を大別すれば、眼と耳は組織に属し、鼻と口は破壊に属す。又頸と頭の関係、胸と腹、手と足、足と頭の関係等この両者みな組織破壊に区分さる。然らば霊なるものの如き、気体に属する気体光体の様は如何にと云ふに、汝等は次の事柄に留意せば自ら自覚し得る…

覚者慈音620

覚者慈音620 未知日記 第一巻  自在論    伊東慈音 第三章       気源体性 第二節               インショウ、ミキョウ貴尊講述  破壊線と組織に依る日常生活を営まば、決して疲労倦怠を感ずるの憂なく、業もさらさら運ばるべし。心に求めてなす業は進み欲せざる業は進まじ。手馴れた業は進み、然らざるは過失を重ねん。是何故なるかを思惟せば、其方法は工夫さるるなり。手は物を作り、或…

インショウ、ミキョウ貴尊について

 ここ最近このブログを読み始めた方の予備知識としてここに記しておくべきことがありますので一筆添えさせていただきます。まず、この書を記録された方の簡単な概略、生い立ちを記しておきます。 昭和33年に伊東慈音という傑出した霊能者が他界されました。この方は盲目で30代から40代の間は東洋音楽の奏者でした。かって大隈重信公や岩崎男爵が外人を招待したときに、この盲目の老師が秘曲を演奏したそうです。 それ以…

未知日記 第一巻  自在論 第二章   伊東慈音

覚者慈音619   未知日記 第一巻  自在論    伊東慈音 第三章       気源体性 第一節               インショウ、ミキョウ貴尊講述    気源体性、略して気体性は組織となる性を云ふ。所謂融和と組織の合流を云ふ。此気体性は一種の光の原素を有す。其光は熱を伴はざるなり。然も是なる無熱光は、光体性の光と異なり、破壊力を有せず、組織と融和を計る特殊な光線なり。この光の波は不思…

未知日記 第一巻  自在論 第二章   伊東慈音

覚者慈音618   未知日記 第一巻  自在論 第二章   伊東慈音 第七節  自問自答の行法                         インショウ、ミキョウ貴尊講述  汝等我心(がしん)を強くせば、汝等が親は汝等幼児をして自由に遊ばしめんとして部室を広くし、己、隅にありて身を縮むるなり。故に汝等は我心を捨て、両親の居を広くすべし。如何にせらるるとも子の為には、親は不平を唱へ給はざるなり。…

未知日記 第一巻  自在論 第二章   伊東慈音

覚者慈音617   未知日記 第一巻  自在論 第二章   伊東慈音 第五節               インショウ、ミキョウ貴尊講述  怒りと悲しみは破壊にして、喜びと楽みとは組織なり。人間の喜怒哀楽は瞬時にして変ず。恰も春夏秋冬の如し。怒りと悲しみは身を亡ぼし、喜びと楽みは身を疲労さす。是真の楽みにあらざればなり。春に種子を蒔き、秋に実を結ばせ、冬に蓄積を娯しむ。されど其冬は長からず。汝等と…

覚者慈音616 未知日記 第一巻  自在論 第二章  伊東慈音 

   覚者慈音616   未知日記 第一巻  自在論 第二章   伊東慈音 第四節                             インショウ、ミキョウ貴尊講述  家を治むるは主人にして、身を修むるは心に在り。心は肉体の主人にして、心を治むるは其親なり。霊なり。霊を治むるは神の力にして、其力を用ゆるは神なり。  人は何処より来り何処に行くや。氷は水より出でて水に返へれど、人は来る処を知ら…

覚者慈音615  未知日記 第一巻  自在論 第二章   伊東慈音

未知日記 第一巻  自在論 第二章   伊東慈音 第二節               インショウ、ミキョウ貴尊講述    宗教者又は修験者が行ふ加持祈祷呪禁魔法等もみな、空源力の一部にすぎず。肉体の持つ恵が聊か働きを起したるにすぎざるなり。近頃称えらるる催眠術とか或は感応術とか称えらるる魔法は、光体性応用の術にして、相手の気を挫き破壊し、我心の儘に化せしむるにすぎざるなり。然らば是に気体性を加へ…

覚者慈音614  未知日記 第一巻  自在論 第一章   伊東慈音

未知日記 第一巻  自在論 第一章   伊東慈音  第六節               インショウ、ミキョウ貴尊講述  空源力を受理し得る方法、否空源力に順応する方法は、先づ破壊、分解、融和、組織の四線の道理を知り得て、是を修め、次ぎに光源体性及び気源体性の二性の力を修め、更に是が融和の法を修むれば、空源の妙智力働きて自在の姿に変ずるなり。天を望まば天を知り、地を潜らば地も亦明らかなり。然して其…

覚者慈音613  未知日記 第一巻  自在論 第一章   伊東慈音

第  三節                  インショウ、ミキョウ貴尊講述    始めなく終りなき全宇宙は絶対にして、終始ある宇宙太陽系は相対なり。然れども不変性元気力即ち空源力は、其全宇宙の大気なるを以て終始なし。終始無きが故に絶対なり。絶対即相対、相対即ち絶対に帰す。恰も伎倆同等の剣士が相対するに等し。相互に隙なきが故に顔面血と汗を生じ、果は相疲れて共に倒る。是絶対の働きの然らしむる所以なり…

覚者慈音612  未知日記 第一巻  自在論 第一章   伊東慈音

第一章 空源力               インショウ、ミキョウ貴尊講述 第一節   我、汝等を誘導して共に手を携へ以て正道を進まんとす。されば特に心を用いて神語を口訳して、汝等が日常使用せる言々句々を撰び、肉眼にもあれ、又は肉耳にもあれ、容易に悟り得る文章を使用せり。また此の書は我修得して究めたる事実なれば疑義をさしはさむ事なく、一路邁進して速やかに法の妙を究むべし。  そもそも全宇宙は始めな…

覚者慈音611  

                    三世と四世論            未知日記第八巻            第四の巻            来世の巻                                                      其の161     第五     来世の希望は如何      五     信仰によって光明に浴せよ                   …

覚者慈音610  三世と四世論最終の巻 信仰によって光明に浴せよ

               三世と四世論            未知日記第八巻            第四の巻            来世の巻                                                      其の160     第五     来世の希望は如何      五     信仰によって光明に浴せよ                        …

覚者慈音609  肉体をはなれたる修行をなす勿れ

               三世と四世論            未知日記第八巻            第四の巻            来世の巻                                                      其の159     第五     来世の希望は如何      四     肉体をはなれたる修行をなす勿れ                     …

覚者慈音608  急がばまわれ

               三世と四世論            未知日記第八巻            第四の巻            来世の巻                                   其の158     第五     来世の希望は如何      三     急がばまわれ                                                 …

覚者慈音607    急がばまわれ

                 三世と四世論            未知日記第八巻            第四の巻            来世の巻                                  其の157     第五     来世の希望は如何      三     急がばまわれ                                其1              …

覚者慈音606

                                           三世と四世論            未知日記第八巻            第四の巻            来世の巻                                                       其の156     第五     来世の希望は如何      二     真心を求めよ …

覚者慈音605

               三世と四世論            未知日記第八巻            第四の巻            来世の巻                                                               其の155     第五     来世の希望は如何      二     真心を求めよ                     …

覚者慈音604

               三世と四世論            未知日記第八巻            第四の巻            来世の巻                                                      其の154     第五     来世の希望は如何      一     自由と不自由                        其3    …