覚者慈音673  未知日記 第三巻  念力集    伊東慈音

覚者慈音673
未知日記 
未知日記 第三巻      
念力集     
        その7      光の巻
        悪念を排出物と心得よ

                 ミキョウ貴尊講述
                 テッシン貴尊講述
                 円海大師講述


 汝等日々の食を受けて排出物を棄てざれば、其結果は如何になると思ふや。我、語らずとも既に知るなり。悪念をいつ迄腹中に貯へるとも、身の養ひにはなるものにあらず。捨てざれば害は益々加はるのみ。執着して残しをくべからず。是を糞尿の如く棄つべし。糞尿は訳もなく捨てらるるにあらずや。斯る事は口にするのみにて事実は行い難し。糞尿は肉体の動向によりて出さんと思はずとも出づ。然れども念は気なるを以て出さんと計るも出でざるなり。もとより是は我も知る。然りと雖も出さんと思ふ心は、汝等の胸の中にある事も亦我は知るなり。故に同じ捨るならば、考えをいろいろと工夫する上に於て明らめの方法の指導となるべき方便として、又悟りの資料となさしめんがために、糞尿と思へと説き、成程然りと感ずれば暗示となるは当然なり。故に我は斯るけがらはしき言葉を以て、汝等に奮起を促す。汝等心を強くして悪念に敗北を喫する勿れ。胆力を養いて何物にも怖れず、心を広くして屈託なく明朗となり、勇気を起して以て心苦を度脱して人を導き、自他共に愉快の生涯を送らん事を願ふべし。さらば神の施しの恵みの徳はいよいよ深く、汝等が身心を清くし給はん。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。