覚者慈音556

               三世と四世論
           未知日記第八巻
           第三の巻
           未来の巻        其の108
  第十三      神の力ならば信ずることを得ん                                      其の1                               リョウジャ.セイキョウ貴尊講述


 汝等今日となりては凡ての過去は消滅して現在となり現在も軈ては失せて未来へ未来へと進み行きつつあるならん。その過去より未来に及ぶ間の修行を神より授けられたる法則に従って任務をはたし来りしと思うや。唯夢の如く雨にまかせ風にまかせ、なさるるままに光陰を過ごし来るに他ならずとは考へざるか。我等汝等の行為を見るに神の法に従いて正しき道を歩み来りしものの余りに少なきを慨嘆す。もし汝等にして今日迄神の法に合へる行為をなし来りし人にのみ神の道は明らかに見ゆるなれど然らざるものには見ることあたはざるが故に、汝等は神を知らざるなり。汝等神を知らずとも現在の世相より考察する時、神ありて其神が宇宙を構成なしたりとせば、神の力は広大なる事は汝等にも必ずや信ずることを得るならん。神を信ぜずとも神の力を信ずる事を得るならば既に神は汝の脳中に存在す。此の力を信ぜざるものは一人としてなき筈なり。学者にも是を深く信ずる力なくんば科学の道は開かれざるべし。
 例へばある薬品と薬品とを結合せしむれば或はたらきをなすとの理は学者によって発見せられたれどその起る源迄追究して質問の矢をむくるならば学者は唯そは自然の現象なりと答うるの他なかるべし。自然の現象とは何か。即ち自然のはたらき自然の力ならん。然りとせばその力は自然より生じ来りたる結果ならん。故に是を源に帰せしむれば即ち自然なりと。是は誰もが信じて疑はざる処ならん。自然とは何か。今一段々々と自然を追究して質問するとも人間の智慧にては是に明確なる回答を与うる力なからん。汝等が思う自然と我等が語る自然とには大なる隔あるなり。
 汝等回答に行き詰らば即ち自然現象と答うるの他なきも我等はその自然の起る源を知るが故に汝等の思う自然とは大に異なるなり。汝等の考へ居る自然は物体ありてその物体より逆上って考究するが故にここに行きづまりを生ず。されど我等は自然の源より逆に物体に及ぼす道理を知るが故にその自然の道理は明るく認識なし居るなり。所謂汝等と我等との考へは反対となり居るに依ってここに相違はあるなり。所謂汝等は幹より根にかへす考へなれど、我等は種子より知りて根に及び根より幹に至るを認識なし居る故にすべては明らかなり。この理は我等も汝等と同様幹より根にかへり更に種子にかへりたればこそ是をさとり得たるなり。されば汝等に於ても同様幹より根にかへり更に種子にかへりて後ならでは此自然の原理は明らかに知ることを得ざるは順序なるべし。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。