覚者慈音677  未知日記 第三巻  念力集    伊東慈音

覚者慈音677
未知日記 
未知日記 第三巻      
喜悦の巻     
        その1      
        喜心録
        
                 ミキョウ貴尊講述
                 テッシン貴尊講述
                 円海大師講述


 慈音さん、儂は円海です。あんたも大分進まれたようで誠に嬉しく思ひます。せい出しなされや。へたばったり、尻込みせんようになあ。今が大事ですぞ。勇気を起して一踏張りぢゃ。あんた程仕合はせな人は少ないぞな。次から次へと三人の教主さんの御恵みを受けるとは、何と云ふ喜ばしいことですか。其ばかりではありませんぞ。多くの修行者が十年も苦められて尚合点の行かぬことを、僅々三月で教へていただけるとは勿体ないことぢゃありませんか。勉強しなされや。
儂は教主さん方の御話を聞いてさすが偉大なお方ぢゃと思ひます。あんたも知ってるあの
大般若経、あれだけ読んでも一日一冊づつ読むのは余程の苦労ぢゃ。其を読んだとして一
年に七ヶ月、其で僅かに一切空とだけです。其れが僅少で空と云ふ原理から空の作用に至
る迄教へられたあの講義、万巻の書物にもかへ難いあの教え、子供にも大人にも学者も智
者も一般に通ずるあの言葉、さすがに凡界を離れた方だけに、儂は涙がこぼれます。慈音
さん。粗末しなさんなよ。ところで、第一教主さんの仰せで、あんたを儂にも指導するよ
うに云はれますので、御手伝する役を致しました。日に五,六分間お話しますから、その
おつもりでお聞きなさい。今日は知らせに来た迄です。さようなら。


註  此の日は昭和十九年拾月四日なり。此時代には大師は肉体を有せられ、チベットの
深山に住せられたるなり。  慈声



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。