覚者慈音275

未知日記講義第一二巻  大霊界       巻の五                         NO222
大霊界入門記    後編                 
第五、ギョウ 実地門 (仮称) 一名就業門 (仮称) とも云ふ                                                   その8
                       教主寛大講述


 ギョウの門には老若男女の区別なく、故に永久同様の姿にて事にあたり居るなり。されど彼等にして若し他界を建設せんとせば、或は幼児ともなり、又は男女何れかに変りて、其所に姿を現はすことも自由自在なれば、汝等諸子の幼児とは全くその趣きを異にす。男女に於ても亦同様なり。然してその界が完成すれば又もとに復す。斯ることも彼等にとりては自由自在なり。なさんとしてならじと云ふこと一としてあらざるによってなり。されど彼等は未だ神にもあらざるなり。又神と同様の生活も許されざるなり。斯ることを汝等諸子は耳にすとも唯然あるかとのみにて、小児のお伽噺の如く思ふのみにて、汝等にとりては別段毒とも薬とも斯る考へすら浮ばざるべし。されど事実は事実なり。空しき事にあらず。我等是より語るところはすべて汝等諸子には、虚説の如く聞きのがすことなかれ。智識を伸して是等の事柄より考察して、物事を推理せば大なる発見は得らるるによって、唯然あるかとのみの考へを起さず、我等の説を引用して学問的に、又は政治経済すべてにまたがりて応用せば得るところ多からん。四大前門は謂はば計画的の門なりしが、ギョウの門よりは是を実行にうつす一段階となりたるなり。故に皆其々専門的に持ち場持ち場にあたりて、従事することは察せられたるならん。故にギョウの門よりは実行となり行くと承知せよ。
 汝等諸子の世界に於て空気の中に含まれあるすべての分子などは、皆是等の仏たちの手によって作られ居ると見なすも可ならん。汝等諸子は科学上より色々の発見をなす、その材料はすべてギョウの仏達の手によって作られ居ると見なすも可ならん。動物植物を作り是を育つる食料等々、すべてはギョウの門の仏達の手によって作られ居ると想像するもよし。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。